太陽光をつけると「おトク」って本当?

2011-12-03
光熱費「ゼロ」って本当?


N
様邸では太陽光パネル設置前では月平均¥13,341
年間にして¥160,090の高熱費の支払いをされていました。
しかし太陽光パネルを設置後は売電(電力会社に売る電気)が生じたため、
買電(購入する電気)より売電が多くなることもあり光熱費がプラスになっています。
年間を通してでは、¥212,745の経済効果が生まれていることになります。 

何年で「モト」がとれるの?

 あくまでも試算ですが、この事例の場合、13年目で初期費用のマイナスが「0」になり、
14年目からは売電効果によるプラスのみが生じます。
10年目までの年間予想節約電気料金162,481で、
月額で考えると13,540のプラスとなっています。
確かに、初期設置費用は13年目にプラスに転じる試算ではありますが、
毎月の光熱費を考えると、現在は¥10,000のマイナス(それが一生続くんです!)であるのに対し、
設置後には月々の光熱費はプラスに転じ、さらに14年目からは光熱費が不要の生活になると
考えられます。
設置前と設置後の40年間の費用全体を比較すると、設置しない場合は¥-4,800,000なのに対し、
設置後では¥3,328,670のプラスになると考えられます。


※シミュレーション設定
福山市・4.03kWのシステム(真南・傾斜30度の屋根) kW単価:55万円
 光熱費は月額10,000円(ファミリータイムⅠ・生活パターンが中間型のお宅)
 余剰電力の売電単価は10年目までは42円、11年目からは買う電気と同額として設定
 補助金を考慮(国:1kW4.8万円 福山市:150,000円)
 期間中のメンテナンス費用(メーター・パワーコンディショナー交換費用)含む

Copyright© 2011 太陽エネルギー.com|アパート専用太陽光発電 All Rights Reserved.